退職代行

退職代行で怒られる5つのケースと3つの対策 【退職のプロが解説】

後輩いぬ
後輩いぬ
退職代行で辞めると怒られるかも…。

こんにちは、ブラック企業撲滅を目標にしているTONです。

パワハラ気質の上司がいる職場で、退職代行を使うと怒られそうで心配ですよね。

ですがご安心ください。

退職代行は基本的に、やり取りを担当者が代行してくれるので怒られる心配はありません。

とはいえ、いくつか例外もあります。

この記事では、そんな万が一の怒られる可能性を排除する方法を紹介していこうと思います。

この記事の要約
  • 退職代行を使えば怒られる心配はほとんどない
  • 怒られる5つのケースは事前に対策可能
  • 怒られないためには退職代行選びが最重要
  • 退職という決断をした自分に自信を持つべき。
後輩いぬ
後輩いぬ
上司から怒られそうで、退職代行をためらってしまう…。
TON
TON
この記事を参考に対策すれば、間違いなく怒られないから安心してね!

退職代行を使えば怒られる心配はほとんどない

退職代行を使っても怒られない

退職代行を使えば怒られる心配は、ほとんどありません。

会社とのやり取りは基本的に退職代行が代わりに行ってくれます。

そのため、あなたが会社の上司と話をすることも、顔を合わせる必要もありません。

ですから、会社側も怒ろうと思っても怒れないのです。

後輩いぬ
後輩いぬ
でも、「ほとんど」ないってことは、少しは怒られる可能性があるってこと?

基本的には怒られません。

しかし、やはり例外はあります。

怒られる可能性を0にして、安心して退職代行を利用するために、

TON
TON
どんな時に会社が怒るのか、いくつかのケースをみていきましょう。

退職代行を利用した時に怒られる5つのケース

退職代行を使ったときに怒られる5つのケース

ここでは、「会社側がどのような場合に怒るのか」を解説していきます。

退職代行で辞めるときは、以下の5つに注意しましょう。

  • 一般企業が運営する退職代行を利用した場合
  • 重要な引き継ぎをしなかった場合
  • トラブルを残して辞めた場合
  • 貸与品を返さなかった場合
  • 私物を職場に残して辞めた場合
TON
TON
会社側を怒らせないようにする努力も重要です!

一般企業が運営する退職代行を利用した場合

まず一つ目は、一般企業が運営する退職代行を利用した場合に怒られかもしれません。

後輩いぬ
後輩いぬ
一般企業が運営する退職代行?なにそれ?

退職代行には大きく分けて3つの種類あります。

  • 一般企業が運営する退職代行
  • 労働組合が運営する退職代行
  • 弁護士が運営する退職代行

上記の3つのうち、会社側と交渉できる権利を持っているのは、

「労働組合」もしくは「弁護士」が運営する退職代行のみです。

一般企業が運営する退職代行は、「依頼者に退職意思の伝言」しかできません。

後輩いぬ
後輩いぬ
は?なにそれ?交渉できないのに退職代行って意味わからん。

そのため、一般企業が運営する退職代行と会社側がトラブルになることがよくあります。

そして、結局本人が会社とやり取りをすることになり、怒られてしまうのです。

TON
TON
最近は退職代行に対策をしている企業も多いですからね…。

↓の記事のように、退職代行を就業規則で禁止にしている会社もあるほど。

就業規則で禁止されても退職代行を利用できる? 【退職のプロが解決】

就業規則で禁止されても退職代行は利用できるのか
就業規則で禁止されても退職代行を利用できる? 【退職のプロが解決】退職代行が就業規則で禁止されて困っていませんか?ですが安心してください。就業規則で禁止されていても退職代行は利用できます。この記事では、禁止されていても使える理由と、安心して今の会社を退職できる方法を解説しています。...

退職代行の種類による違いなどを詳しく知りたい方は↓の記事で詳しく解説しています。

【厳選6社】おすすめの退職代行と選ぶポイントを解説【2022最新】

【厳選6社】おすすめの退職代行と選ぶポイントを解説【2022最新】数ある退職代行の中から厳選しておすすめの6社を紹介しています。あなたのニーズに合わせてピッタリな退職代行が必ず見つかります。...

重要な引き継ぎをしなかった場合

2つ目は、重要な引き継ぎをしなかった場合に怒られる可能性があります。

その人にしか分からない仕事を引き継ぎしてもらえないと、

会社も業務に支障が出て困りますからね。

後輩いぬ
後輩いぬ
でも、退職代行を使うんだから引き継ぎとか無理でしょ。

そんなときは、あらかじめ引き継ぎ内容を資料にまとめるのがおすすめです。

事前に資料を作成して辞めるタイミングで退職届と一緒に郵送しましょう。

すぐに資料を用意できないときは、

「引き継ぎ用の資料を作成する安心してね。」

という伝言を退職代行の担当の方から会社側へ伝えてもらうようにしまょう。

TON
TON
別に引き継ぎしなくても辞められますが、トラブル回避のために少しくらい手を貸してあげましょう。

トラブルを残して辞めた場合

3つ目は、トラブルを残して辞めた場合ですね。

TON
TON
いわゆる、爆弾を残して逃げたパターン。

大量の発注ミスや、タスクの納期遅れなど。

後輩いぬ
後輩いぬ
やばい、とんでもないミスをしてしまった…。
後輩いぬ
後輩いぬ
退職代行で逃げるしかねぇ!!

って感じで、逃げるように辞めてしまうと会社が怒るのも無理ありません。

意図的にミスを隠して会社に損害を負わせると、

  • 懲戒解雇にされる
  • 損害賠償請求される

上記のように恐ろしいことになる可能性があります。

ですから、もし何かのミスが原因で退職代行を使おうと思っている方は、そのミスの処理を終わらせて辞めるようにしましょう。

TON
TON
懲戒解雇になると転職も難しくなります…。

貸与品を返さなかった場合

4つ目は、会社からの貸与品を返さなかった場合に怒られる可能性があります。

  • 社用の携帯電話
  • 制服
  • 身分証明書(カードキーなど)
  • 鍵(事務所、ロッカーなど)

上記のような貸与物は必ず返すようにしましょう。

会社側としても、自社の貸与品を悪用されては困りますからね。

TON
TON
退職届と一緒に郵送するようにしましょう。

私物を職場に残して辞めた場合

5つ目は、私物を職場に残した場合です。

後輩いぬ
後輩いぬ
私物くらい良くない?
別に勝手に捨ててくれても構わないけど。

その私物が勝手に捨ててもいいものか、本人にとって大事なものか判断に迷う可能性があります。

また、物によっては処分するのに費用が発生するものがあるので、

意外と私物の処理って困るものです。

TON
TON
退職代行を利用する前に、最低限は持ち帰っておきましょう。

退職代行利用時に怒られる可能性をなくす3つの方法

退職代行を使って怒られない3つの対策

では、退職代行を利用して怒られる可能性をなくす具体的な方法を解説していきます。

下記3つの対策をすれば安心して退職代行を使えますよ。

  • あらかじめ会社が怒る要素を排除しておく
  • 会社とのやりとりは退職代行に任せる
  • 信頼性の高い退職代行に依頼する

あらかじめ会社が怒る要素を排除しておく

先ほど解説した、「退職代行を利用した時に怒られる5つのケース」を参考に、事前に対処しておきましょう。

  • 一般企業の退職代行を利用しない
  • 引き継ぎ用の資料を作成しておく
  • トラブルを残さないようにする
  • 会社からの貸与物は必ず返す
  • 私物を持ち帰っておく

上記5つを事前に対処しておくことで、会社が怒る可能性をなくせます。

会社とのやりとりは退職代行に任せる

そして、退職代行を利用したら会社とのやり取りは担当の方に一任しましょう。

会社から自分に電話がかかってきたり、上司が家に来ても対応してはいけません。

せっかく退職代行の方が対応しているのが無駄になりますからね。

もし、しつこい電話や訪問があった場合は、退職代行の方に会社側へ注意してもらうようにお願いしましょう。

退職代行を利用時に会社から電話が来るのを防ぐ方法【親に連絡が行くかも…】

退職 代行 会社 から 電話
退職代行で会社から電話が来るのを防ぐ方法【今すぐ解決】「退職代行を利用したら会社から電話が来るんじゃ...。」って心配になりますよね。安心して下さい、会社から連絡が来る可能性はかなり低いです。とはいえ、0ではありません。この記事では、最大限に会社から電話が来る可能性を減らす方法を解説しています。...

信頼性の高い退職代行に依頼する

そして、もっとも大事なのが、信頼できる退職代行業者を選ぶことです。

後輩いぬ
後輩いぬ
退職代行って、そんなに違いあるのかな?
どれも同じように思える。
TON
TON
全然違うから、マジで要注意。

退職代行によっては、できる範囲が違う。

例えば、10,000円くらいの格安退職代行を使うと、

格安退職代行
格安退職代行
もしもし、〇〇さんが辞めるそうですよ。
よろしくお願いしますね。

って感じのやり取りしかしてくれません。

ここで会社側から、何か突っ込まれても対応してくれないのです、

会社側としても、訳のわからない人から退職代行されたら怒るに決まってますよね。

TON
TON
では、具体的にどの退職代行を選べばいいか紹介していきますね。

怒られるのが心配なときに選ぶべき退職代行2選

怒られるのが心配なときに選ぶべき退職代行2選

会社から怒られたり、トラブルになるのが心配な時には下記2つの退職代行を選べば間違いありません。

  • 退職代行ガーディアン
  • 弁護士法人みやび

ちなみに先に言っておきますが、ここで紹介する退職代行は格安ではありません。

相場ほどの料金なので、安さを第一に考える方には向かないかもしれません。

もちろん、料金の安さも考慮していますが、あくまでトラブル回避のために信頼性を第一にして厳選しています。

TON
TON
それぞれの特徴や選ぶべき理由を解説していきますね。

退職代行ガーディアン

退職代行ガーディアンの特徴
  • 法適合の労働組合が運営している
  • 利用前にLINEで気軽に相談可能
  • 未消化の有給や未払い給与を請求できる
  • 3ヶ月のアフターフォロー付き
  • 料金は¥29,800円

退職代行ガーディアンは労働組合が運営しています。

しかも、怪しい労働組合ではなく法適合の労働組合のため信頼性も抜群。

退職成功後もアフターフォローがあるので、

後輩いぬ
後輩いぬ
会社が離職票を送ってくれない!

っていうときにも頼りになります。

料金は格安とは言えませんが、相場ほどの値段。

また、悪質な企業にはWeb街宣活動で対応してくれるので、会社から本人や親に電話が来て怒られる心配もありません。

TON
TON
退職代行ガーディアンは、「信頼性・料金の安さ・サービス内容」の全てが高水準でオススメです。
>>退職代行ガーディアンの公式サイトはこちら。

\まずは無料相談!/

弁護士法人みやび

弁護士法人みやびの特徴
  • 安心の弁護士運営
  • 依頼前に無料で相談可能
  • 未消化の有給や未払い給与を確実に請求できる
  • アフターフォローもバッチリ
  • 料金は¥55,000円

弁護士法人みやびは弁護士が運営する退職代行の中で、

もっとも知名度・実績が優れいています。

料金を支払う前に詳細なヒアリングを行っており、退職時にトラブルになるリスクはありません。

また、本人や親への連絡をしないように会社側へ厳しく注意してくれます。

料金は格安ではありませんが、弁護士の中では相場ほどの¥55,000円です。

TON
TON
高く感じるかもしれませんが、有給や未払い給与を請求できればお釣りが来ますよ。

有給や未払い給与を請求し、確実にトラブルなく辞めたい方には弁護士法人みやびをオススメします。

>>弁護士法人みやびの公式サイトはこちら。

\LINEで気軽に相談可能!!/
弁護士法人みやびに無料相談してみる ▷

退職代行を使うと怒られるかも、と不安な方へ

退職代行で怒られるかも、とためらっている方へ

ここまで、退職代行を使って怒られる原因や対策を解説してきました。

しかし、それでも退職代行の利用に対して、

後輩いぬ
後輩いぬ
非常識かも…。
退職代行を使うなんて怒られて当然だよな…。

「退職代行で辞める=卑怯で情けないやつ」

そんな思い込みのせいで、退職代行をためらっているのではないでしょうか。

しかし、世の中にはブラック企業など、退職したくてもさせてくれない会社が多すぎます。

悪いのは、退職代行でも退職代行を利用する人でもありません。

退職が気軽にできない社会に問題があるのです。

長時間労働、パワハラなどの仕事のストレスで病んだ人、過労死、自殺した人はたくさんいます。

TON
TON
もし、気軽に退職できる世の中になれば、どれだけの人が救われてきたか…。

そして、気軽に退職できる世の中にするために、退職代行の存在は重要なものだと考えています。

ですから、あなたも退職代行をためらう必要はありません。

TON
TON
もっと気軽に退職、転職ができる社会を作るために、私もサイトを運営しております。

対策すれば退職代行を使って怒られる可能性はありません!

対策すれば退職代行で怒られる心配はない

退職代行を使っても怒られることは、ほとんどありません。

まず、会社とのやり取りは全て担当の方が代行してくれるので、直接話したりする必要がないからです。

とはいえ、例外として以下のような場合は会社側から怒られる可能性があるので注意しましょう。

  • 一般企業が運営する退職代行を利用した場合
  • 重要な引き継ぎをしなかった場合
  • トラブルを残して辞めた場合
  • 貸与品を返さなかった場合
  • 私物を職場に残して辞めた場合

上記のようなことに注意すれば、退職時に怒られる可能性を限りなく0にできます。

それに、退職自体は別に悪いことではないので、自信を持つようにしましょう。

これから辞める会社のどうでもいい方に、

「怒られるかも…。」

と、悩むのもアホらしいですからね。

後輩いぬ
後輩いぬ
確かに、ただ退職するだけで怯えるなんてバカバカしいですよね!
TON
TON
退職代行なら、怒りそうな上司とも顔を合わせないで済みますからね。

【厳選6社】おすすめの退職代行と選ぶポイントを解説【2022最新】

【厳選6社】おすすめの退職代行と選ぶポイントを解説【2022最新】数ある退職代行の中から厳選しておすすめの6社を紹介しています。あなたのニーズに合わせてピッタリな退職代行が必ず見つかります。...
ABOUT ME
TON
こんにちは、TONです。 数年前まで家畜をしていました。 今は、ブログを書いて毎月のエサ代くらいは稼げています。 過去の経験を通してすこしでもみなさんの力になりたくてブログをしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA