仕事の悩み

終わってる会社の特徴15個を紹介【当てはまった人は…】

後輩いぬ
後輩いぬ
パワハラ、長時間労働、休日出勤…。
後輩いぬ
後輩いぬ
もしかしてオレの会社って終わってる?

終わってる会社で働き続けると、自分まで終わってしまいます。

この記事では、

  • 終わってる会社の特徴
  • 終わってる会社で働くリスク
  • 今の会社を抜け出す方法

上記のようなことを解説していきます。

本記事を参考に、「自分の会社が終わってるかどうか」の目安にしてみてくださいね。

終わってる会社の特徴15個

まずは、終わってる会社の特徴を紹介します。

もし、以下に当てはまる会社に在籍しているのなら要注意です。

  1. 離職率が高い
  2. 労働基準法に違反している
  3. いつも人手が足りない
  4. 家族で会社を経営している
  5. 価値観が昭和で止まっている
  6. 仕事以外の時間で拘束される
  7. 人間関係が悪い
  8. 何年経っても給与が上がらない
  9. 無駄な朝礼がある
  10. 意味のない会議が頻繁にある
  11. 社員の平均年齢が高い
  12. ITに疎い社員が多い
  13. パワハラやセクハラ、モラハラが横行している
  14. 社員教育制度を整備しようとしない
  15. 社員の愚痴が多い
TON
TON
後ほど、終わってる会社から抜け出す方法も解説するのでご安心を!

①:離職率が高い

離職率が高い会社は、終わってる可能性が非常に高いです。

会社を辞める人が多いということは、それだけその会社に魅力を感じてない人が多いということ。

労働環境に不満がなければ、そこまで辞める人はいないでしょう。

また最近では、転職サイトなどの求人情報に離職率が記載されるケースも多いです。

離職率が高い会社は新しく入社する人の数も減り、さらに終わっていくと予想されます。

TON
TON
離職率が高い=ブラック企業と判断してもいいかもしれません。

②:労働基準法に違反している

労働基準法に違反している会社も終わってる会社の特徴です。

  • 休憩を取らせない
  • 休みを取らせない
  • 性別による差別
  • 就業規則を決めていない
  • 有給を自由に取らせない
  • 労働者の意思に反する強制労働

上記のようなことは全て労働基準法違反になります。

法律に違反している会社は、そのうち内部告発されて営業停止に追い込まれるかもしれません。

TON
TON
とはいえ、 日本の中小企業の7割は労働基準法に違反しているデータもあるくらいですし…難しいですよね。

③:いつも人手が足りない

いつも人手が足りないのも終わってる会社の特徴です。

人手が足りないと、一人ひとりの仕事量が増えてしまいます。

待遇を良くして募集でもかければいくらでも集まるのに、それをしないのは会社の怠慢に他なりません。

社員に無理をさせて利益をあげる会社に未来はないです。

TON
TON
人手不足なのに、いつまでも補充しない会社って意味分かりませんよね。

④:家族で会社を経営している

家族経営の会社も終わってる可能性が高いです。

家族経営は、トップや役員などの重要なポジションを全て親族が埋めています。

そのため、いくら仕事で結果を出しても出世できずに待遇も変わらないでしょう。

TON
TON
努力してもそれに見合う報酬が貰えなければ、なんのために働いているか分かりませんよね。

⑤:価値観が昭和で止まっている

価値観が昭和で止まっている会社も終わってます。

昭和の労働観念を表すには、平成元年に流行語大賞に選ばれた「24時間戦えますか?」という言葉がピッタリでしょう。

終身雇用制度を背景に、会社に対して滅私奉公を求める価値観です。

確かに、昭和の頃は頑張れば頑張るだけ、それに見合う報酬がありましたし、企業にもその体力がありました。

しかし、今では余裕のある会社は少なく、いくら社員が働いても待遇が変わらない場合が多いです。

そん中で、違法なまでの昭和的な長時間労働を求めてくる会社は時代に取り残されて、いずれ消えいていくでしょう。

TON
TON
「俺たちの若い頃は…」っていうおっさんがいる会社はヤバいですね。

⑥:仕事以外の時間で拘束される

仕事以外の時間で拘束される会社も終わっているでしょう。

例えば、

  • 強制的な飲み会
  • 社員旅行
  • ゴルフコンペ
  • ボランティアの掃除

上記のようなことを勤務時間外に、(半)強制的にさせられる会社ですね。

最近は、仕事とそれ以外時間であるプライベートを明確に分ける人が増えています。

ですから、仕事以外の時間で社内行事で拘束されやすい会社は、時代の流れに乗れずに衰退するかもしれません。

TON
TON
少しくらいならいいですが、多すぎるとうんざりですよね。

⑦:人間関係が悪い

人間関係が悪い会社も終わってる会社の特徴です。

ギスギスした職場だと、連携が上手く取れずに業務が円滑に進みません。

社員のやる気も起きずに人が離れていく一方になります。

TON
TON
仕事の悩みの大半は人間関係って言われるくらいですからね。

⑧:何年経っても給与が上がらない

いくら働いても給与が上がらない会社は終わってますね。

誰しも好きで仕事なんてやってるわけではありません。

やった分だけ見返りを貰えなければ、やる気が起きる人なんていないでしょう。

TON
TON
頑張っている社員の待遇を良くしない会社は終わってますね。

⑨:無駄な朝礼がある

無駄な朝礼がある会社も終わってます。

  • 謎の1分スピーチ
  • 社訓を大声で復唱
  • 社長のありがたいお言葉

上記のような、業務とは関係のないことに時間を割かれるとモチベーションも下がりますよね。

ほとんどの場合は、社長の自己満足のために行われているのでタチが悪いです。

TON
TON
社訓の音読とかってマジで何の意味があるんでしょうね?

⑩:意味のない会議が頻繁にある

意味のない雑談ばかりの会議を頻繁にする会社も終わってます。

会議をしている時間がもったいないですし、準備にも時間が必要です。

上の人間が満足するためだけに、現場で頑張っている社員の時間を大幅に取られるって意味分かりません。

本当に必要な会議ならいいのですが、話すこともないのに毎週のように会議をしている会社は終わってますね。

TON
TON
開始5分で話すことが終わって、残りの数十分は雑談してるのって良くありますよね。

⑪:社員の平均年齢が高い

社員の平均年齢が高いと終わってるというよりかは、終わって行ってる会社ですね。

やはり人間はどうしても歳をとると保守的な考えになっていきます。

若手がいないと、新しく革新的なアイディアは生まれずに、ただ現状維持を繰り返して、

徐々に衰退していくでしょう。

どんな会社であれ、若手を成長させなければ未来はありません。

TON
TON
スタートアップ企業でもないのに、年齢が偏っていると何かしらの理由があるんだろうなぁ、って思いますね。

⑫:ITに疎い社員が多い

ITに疎い社員が多くいる会社も終わっている会社の特徴です。

よくあるのが、不用意に送られてきたスパムメールを社員が開き、結果として機密情報が漏洩してしまうなど。

また、ITリテラシーに疎い会社は生産性が低いというデータもあります。

セキュリティ意識の欠如や生産性を高めようとせずに、現状維持を続ける会社は遅かれ早かれ潰れてしまうでしょう。

TON
TON
古臭い慣習を続けるだけじゃ淘汰されるだけですからね。

⑬:パワハラやセクハラ、モラハラが横行している

このご時世にハラスメントが横行している会社も終わってます。

  • 女性にお茶汲みを強要する
  • 部下のミスに大声で叱責する
  • 悪口や陰口などの精神的暴力
  • 新人への過大な要求

上記のようなハラスメントを放置している会社は、まともな人間ほど退職していきます。

そして残るのは平気でハラスメントをする頭のおかしい人間だけ。

最近では、ハラスメントに対して気をつける会社も増えてきているので、いまだに改善しようとしない企業は終わっていますね。

TON
TON
初めて入った会社では、ミスのたびに蹴られてましたね…。

⑭:社員教育制度を整備しようとしない

新人に対して教育制度を整備しようとしない会社もやばいです。

教育制度がなければ、その会社に対しての知識や技術が得られません。

「先輩のやり方を見て覚えろ!」

という感じの根性論を押し付ける企業もありますが、ただの責任放棄です。

TON
TON
新人が育たないのは、上司の指導容量の悪さも原因だと思います。

⑮:社員の愚痴が多い

職場で社員の愚痴が多い会社も終わってます。

愚痴が多い、ということはそれだけ会社に対しての不満があるということ。

社員が納得できる労働環境を用意できない企業は、社員のモチベーションも上がらず退職者も増えていきます。

生産性も上がらず、育った人が辞めていく会社は終わっていると言われても仕方がないでしょう。

TON
TON
愚痴が多い職場にいると、自分まで嫌な気分になってきますよね。

終わってる会社で働き続けると起こる4つのリスク

では、これまでに紹介してきたような終わってる会社で働き続けるとどうなるのか、を解説していこうと思います。

以下の4つのようになる危険があるので注意しましょう。

  • 年齢だけ上がりスキルが身につかない
  • 精神的に病んでくる
  • 自分までおかしい価値観になってしまう
  • 会社が倒産したときに転職できなくなる

年齢だけ上がりスキルが身につかない

1つ目のリスクは、スキルが身に付かずに年だけ重ねてしまうことです。

普通の会社であれば、勤続年数に比例してその業種に対する知識やスキルが身につきます。

しかし、終わってる会社にいるとモチベーションも上がりませんし、ただ漫然と目の前の仕事を消化するようになるでしょう。

そうすると仕事がただの作業になり、スキルは身につきません。

年齢に見合った能力がないと、いずれ転職をしようと思っても上手くいかずに苦労するので気をつけましょう。

TON
TON
スキルがないと会社が潰れた時に困ります。

精神的に病んでくる

2つ目のリスクは、精神的に病んでくることです。

終わってる会社で働いているとストレスが溜まりうつ病などの精神病を引き起こす可能性があります。

精神的な病は普通の怪我と違ってすぐには治りません。

下手すれば一生を棒にふるような危険があるので要注意です。

TON
TON
治すまでに数年かかって、ブランクのせいで再就職も難しくなって詰むかもしれません…。

自分までおかしい価値観になってしまう

3つ目のリスクは、自分までおかしい価値観になってしまうことです。

終わってる会社には、まともではない価値観を持っている人が多い傾向にあります。

例えば、ハラスメントを問題視しない人や労働基準法を無視する人など。

周りにおかしい人が多くいると、少しずつ自分もそれを普通のことだと認識するようになってしまいます。

TON
TON
悪環境に慣れて普通だと思い始めたら、一生搾取され続ける人生になってしまいます。

会社が倒産したときに転職できなくなる

4つ目のリスクは、会社が倒産したときに転職できなくなることです。

終わってる会社が本当に終わってしまった(倒産)時にここまで解説したように、

  • 年齢に見合うスキルが身に付いていない
  • 精神を病んでいる
  • おかしい価値観に毒されている

という状況では、まともな会社に転職できなくなってしまいます。

TON
TON
このご時世、潰れる会社は多いですからね…。

終わってる会社から抜け出す2つの方法

では、終わってる会社から抜け出す方法を解説していきます。

先ほど紹介したような悲惨な目に遭わないために、終わってる会社からはすぐに逃げましょう。

TON
TON
現状を変えるのはめんどくさいけど、行動が遅れるほどあとが大変になります…。

転職する

まず1つ目は転職です。

転職するときのコツとしては、

  • 離職率に注目する
  • とりあえず転職サイトに登録しておく

上記の2点を最低限しておけば大丈夫です。

離職率の低い会社であれば、客観的に見て辞めたくなるような会社ではないということですからね。

また、転職しようと思っても何となく腰が重いかたもいると思います。

そんな時は、とりあえず転職サイトに登録だけでもしておきましょう。

職務経歴書などを記入しておけば、向こうからオファーが来て心に余裕が持てますし、またいつでも転職できるようになります。

転職サイトについては下記の2つが特におすすめです。

この2つは職務経歴書まで登録しておくと、自己分析ツールを無料で使えるようになります。

現在の仕事に興味が持てなかったり、自分の強みや弱みなどを理解できるようになるので暇つぶしと思ってやっておくといいですね。

また、勝手に企業からオファーも届くので自分に自信が持てるようになるので、メンタルの安定にもなります。

TON
TON
いつでも今の会社を脱出できる準備だけでもしておくと安心できますよ。

退職する

2つ目は退職です。

終わってる会社に勤めている方は、恐らくメンタル的に疲れていると思います。

ですから、まずは退職してゆっくりと療養するのもいいでしょう。

ただ、辞めたくなるような会社ってだいたい退職時にトラブルがつきものなんですよね…。

  • しつこい引き止め
  • 退職までに数ヶ月かかる
  • 離職票などを送ってもらえない
後輩いぬ
後輩いぬ
うちの上司は絶対に辞めさせてくれないだろうなー…。

って方は退職代行がおすすめです。

退職代行を使えばその日から、出勤も連絡もせずに退職できます。

今すぐどうしても退職したい人は使ってもいいかもしれません。

TON
TON
ちょっと費用はかかるけど、ノーストレスで確実に退職できますよ。

退職代行ってなに?仕組みやサービス内容、問題点まで徹底解説

退職代行 とは メリット
退職代行ってなに?仕組みやサービス内容、問題点まで徹底解説退職代行というサービスをいきなり言われても、「何それ?美味しいの?」って感じですよね。この記事では、退職代行の仕組みやサービス内容について徹底的に解説します。また、よくある疑問や口コミも解説しています。...

終わってる会社にいると自分まで終わってしまう

終わってる会社にいると、あなたの人生まで終わってしまいます。

モチベーションも上がらず、待遇の改善も見込めない職場に働く価値はありません。

とはいえ、転職や退職はとても勇気が必要ですし、さらに状況が悪化するかもという不安な気持ちもわかります。

ですが、行動を起こすのが遅くなればなるほど、転職も難しくなりますしやる気もなくなっていくでしょう。

TON
TON
終わってる会社と共倒れになる前に、新しい一歩を踏み出せるのを応援しています。
ABOUT ME
TON
こんにちは、TONです。 数年前まで家畜をしていました。 今は、ブログを書いて毎月のエサ代くらいは稼げています。 過去の経験を通してすこしでもみなさんの力になりたくてブログをしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA