退職代行

退職代行を利用するか迷ってる方へ【後悔する前に】

退職代行 利用 迷う

「今すぐ仕事を辞めたいけど、退職代行を使うべきなのかな…?」

退職代行、聞きなれないサービスを利用するのって少しためらってしまいますよね。

  • 本当に今すぐ退職できるのか?
  • 未払い給与や有給を確実に請求できるのか?
  • 退職代行で辞めるのは社会人として非常識ではないのか?
  • そもそも退職代行を使うほどなのか?

上記のように様々な疑問や不安を抱えているのでしょう。

この記事では、退職代行についてよくある疑問や不安を解消し、あなたが本当に退職代行を利用すべきなのかどうかを解説していこうと思います。

退職代行で今すぐ会社を辞めたいけど、なかなか決心がつかない、という方はぜひ本記事を参考にしてください。

後輩キツネ
後輩キツネ
早く今の仕事から解放されたい…。
TON
TON
罪悪感を残さず、スッキリと退職代行を使う方法も紹介するから安心してね!

退職代行を利用すべきかどうかの判断基準

まず、「そもそも自分は退職代行を利用すべきなのかな?」という疑問を解消します。

結論としては、以下のような状況であれば、退職代行で辞めた方がいいです。

  • 上司に怒られそうで退職を言い出せない
  • 退職を伝えても聞き入れてもらえない
  • しつこい引き止めにあって辞められない
  • 仕事が嫌すぎて、今すぐに退職したい
  • 人間関係が悪く退職を言い出すのが怖い
  • 有給消化や未払い請求を確実にしたい

上記のような場合であれば、退職できたとしてもかなりの労力を使います。

辞めるまで何ヶ月もかかったり、退職が確定すると態度を冷たくしたり、さらには残っている有給も消化せてもらえない…。

退職は労働者の権利ですし、大した見返りも与えない企業にそこまで神経をすり減らすのなんてバカバカしいですよね。

このような場合なら、問答無用で退職代行を使うべきです。

逆に退職届けを提出したらすぐに退職を進めてくれるような会社であれば、普通に辞めた方がいいですね。

TON
TON
簡単に辞められるのであれば、そもそもこの記事を読んでいないと思いますが…。

退職代行の利用をためらうときによくある疑問や不安を解消

退職代行を利用する不安や疑問を解消

「退職代行を利用すれば今すぐ辛い状況から抜け出せる。」

そう思っていても、心の隅に退職代行への不安や疑問がよぎって、あと一歩を踏み出せない人も多いでしょう。

ということで、ここでは退職代行への心配事を解消していこうと思います。

本当に出勤も連絡もせずに退職できるのか?

退職代行サービスを使ったら明日から仕事に行かなくて良くなるのでしょうか?
明日中に会社へ連絡してもらえば無断欠勤にならないでしょうか?

社員寮に住んでますが問題ないですか?

来週からホテル住まいの長期出張が始まるので辞めようかと思っています。
引用:Yahoo知恵袋

退職代行を利用すると、なぜ「出社も連絡もせずに辞められるのか?」という疑問について答えていきます。

まず、そもそも労働者には民法により、「退職を申し出ててから2週間経てば辞められる」ようになっているのです。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。
民法627条

ですから、別に退職代行を利用せずとも、退職届を会社に郵送して、そこから2週間を欠勤すれば法律上は退職できるというわけです。

後輩キツネ
後輩キツネ
え?じゃあ退職代行なんて利用する必要ないじゃん。

と、思うかもしれませんが、あくまで法律上は退職できるだけで実際はそう上手くは行きません。

退職代行を検討しなければいけないような悪質な会社であれば、いくら退職届を郵送しても、鬼のように電話をしてきたり、家まで押しかけてきたりもします。

さらには、退職届を郵送して欠勤の連絡を入れても、無断欠勤扱いで懲戒解雇として処理する会社も…。

もちろん、そのような嫌がらせに近い懲戒解雇は違法性が高いのですが、それを覆すには弁護士を雇って争わなければいけません。

労働問題のプロである退職代行に依頼すれば、会社側も違法性のある行為はできないので、安心して辞められるのですね。

TON
TON
退職代行にも色々あって、信頼できる業者を選ばないと確実に退職できないので要注意です。

退職代行を使うと「非常識」だと思われそう

退職代行を利用すると周囲から、「非常識だ、恥知らずだ、情けない!」と、思われそうでためらっている方も多いです。

後輩キツネ
後輩キツネ
退職代行を使ったら、何となく負けな気がする…。

パワハラやいじめが横行している会社、人間関係が悪すぎて空気がよどんでいる会社を経験したことない人は、「退職くらい自分で言えよ(笑)」って言うかもしれません。

ですが、その「退職くらい」を気軽にできない会社が、今の日本には多すぎます。

別に退職しようが、転職しようが本人の自由。

それなのに、退職を言い出すとしつこく引き止めたり、後任が見つかるまで辞められなかったりと、辞めるまでのハードルが高すぎるんですよね。

人がどれだけ仕事に人生を壊されそうになっているかを考えもせずに、退職代行を批判する方の意見なんて無視しましょう。

TON
TON
今の会社は、あなたを決して幸せにしてくれません。
TON
TON
あなたを幸福にできるのはあなただけですよ。

退職代行で急に辞めるのは迷惑になる

責任感が強く、「自分が急に辞めたら他の人に迷惑になるのでは…。」と、心配しているケースですね。

後輩キツネ
後輩キツネ
急に辞めたら同僚に迷惑かけるよなぁ…。

昔の私もそうでしたが、「〇〇すると誰かに迷惑になるかも…。」という考えは、かなり危険。

あまりにも他人本意の思想で、自分の感情を後回しにしています。

この記事を読んでいるということは、あなたは退職代行にすがりたくなるほど、今の仕事に強い不満を持っているはずです。

あなたがそれほど悩んでいるのに、なぜ他人を優先しなければいけないのでしょうか。

それに、同僚に迷惑をかけると言っても大したものではありません。

せいぜい数日〜数週間くらい、同僚が少し忙しくなるくらいです。

自分を犠牲にして、そこまで大事じゃない他人を優先して良いことなんてありませんよ、マジで…。

TON
TON
人間なんて多かれ少なかれ、誰かに迷惑をかけながら生きているものです。

わざわざ退職にお金を払うってどうなの?

また、退職するのにお金を払うことに抵抗感がある人もいました。

確かに、普通は退職にお金がかからないので、無駄な出費に思えるかもしれません。

ですが、退職時に揉めたり、なかなか辞めさせてくれない場合は時間の節約につながります。

また、未払いの給与や未消化の有給を確実に請求できれば、退職代行費用が軽く浮く可能性も十分にある。

自分で会社側に請求しても、あれこれ理由をつけて払ってもらえないかもしれませんが、弁護士が運営する退職代行に依頼すれば、ほぼ確実に支払ってもらえます。

TON
TON
退職代行を使うことで、逆に得するかもしれないですね。

退職代行を肯定的に捉える人も多い

最近では、退職代行の利用を肯定的に捉える人も多いです。

というか、「退職代行を利用せざるを得ない」ような状況に社員を追い込む会社側への批判が高まっています。

ここでは、退職代行に対して良い印象を抱いている声をいくつか紹介するので、参考にしてください。

悪質な会社が多く、退職代行の必要性を感じるようになった

この弁護士の方は、「退職するなら退職届を出せば済む話」という認識だったのが、企業側の悪質さから退職代行の必要性を感じていますね。

上記ツイートのように、退職者への嫌がらせのために損害賠償をちらつかせたりする会社もあるので、労働者の対抗策として退職代行がはやるのも納得です…。

TON
TON
ただ辞めるだけで、損害賠償請求とか頭おかしすぎる…。

取り返しがつかなくなる前に退職代行で逃げて欲しい

これは…。

あえて多くは語りませんが、命より大事なものはありません。

実際にブラック企業に追い詰められて命を断つ方は、たびたびニュースになっています。

ブラック企業に汚染されると、正常な思考ができず、逃げ出すこともできずに最期まで利用されるので注意しましょう…。

会社側の対応が酷すぎるので、退職代行に賛成

退職を伝えても取り合ってくれない、改善するから辞めないでくれと言っても、実際には何もしない。

そんな会社は多いです。

TON
TON
なぜ労働環境を改善しようと思わないのか、本当に謎ですね…。

スッキリして退職代行を使う方法

退職代行でスッキリする方法

頭では退職代行の必要性を理解していても、何となく罪悪感が湧く人も多いです。

そんな方のために、後味をよくする退職代行の使い方を紹介します。

  1. 退職代行に相談して準備をしておく
  2. 上司に退職を申し出る
  3. 交渉が上手くいかなったら退職代行を実行

上記の手順をすることで、罪悪感を残さずスッキリ退職できます。

一つひとつ詳しく解説しますね。

退職代行に前もって相談しておく

自分の中で納得するために、直接上司に退職を申し出る必要があります。

その退職交渉は別に失敗しても大丈夫です。

あくまで自分の中でスッキリするためなので。

ですから、上司との退職交渉が上手くいかないことを前提に、前もって退職代行に相談しておきましょう。

正直に、「退職代行を利用したいけど、その前に一度上司と話をさせてください。おそらく失敗すると思うので、その時は〇〇日にお願いします。」と伝えておけば大丈夫です。

後ほど紹介する退職代行であれば、料金を支払う前に無料で相談できるのでぜひ参考にしてください。

上司に退職を申し出る

ここが一番難しいかもしれませんが、もし余計な後味の悪さを残したくないなら頑張りましょう。

退職を申し出ると、高確率で上司は引き止めるか、説教をしてきます。

「急に辞めるなんて、せめて後任が見つかって成長してからしろ!」
「この会社を辞めても、お前なんかどこも雇ってくれないぞ!」

ひどいときは上記のような感じで怒鳴ってきます。

TON
TON
ちなみにこれは、私の実体験です…。

こうなったときは、適当に「はい、すみませんでした。」と謝っておいて、仕事終わりにすぐ退職代行に連絡しましょう。

あくまで自分にケジメをつけるためなので、無理に退職交渉で揉めないようにしてくださいね。

もしかしたら、退職を伝えてそのまま辞められる可能性もありますよ。

退職で揉めそうなら退職代行を実行

上司と揉めそうになったら、適当に話を合わせてその日のうちに退職代行に依頼しておきましょう。

次の日の出勤時間に連絡をしてもらうようにお願いしておけば良いですね。

辞める前は私物を持ち帰ったり、制服などの支給品を返す準備もしておきましょう。

結果:最低限のトラブルで気持ちよく退職代行を利用できる

この手順であれば、上司に自分の口から退職を伝えられた納得感により、退職代行を利用した罪悪感もなくなるでしょう。

ちゃんと筋を通して辞めようとしたのに、それを邪魔したのは上司ですからね。

必要のない罪悪感を持ち続けるのもバカバカしいので、退職代行の利用をためらってしまうのなら、この方法を使ってみてください。

オススメの退職代行と選び方は↓の記事で解説しているので参考にどうぞ。

【厳選6社】おすすめの退職代行と選ぶポイントを解説【2022最新】

【厳選6社】おすすめの退職代行と選ぶポイントを解説【2022最新】数ある退職代行の中から厳選しておすすめの6社を紹介しています。あなたのニーズに合わせてピッタリな退職代行が必ず見つかります。...

悪いのは退職代行を使わせる会社の方なので、迷わず退職代行を使いましょう

ハッキリ言って、労働者に退職代行を使わせるほど追い込む会社側に問題があります。

退職時に損害賠償請求で脅したり、しつこく引き止めたり。

そのような背景から、退職代行の必要性を唱える声はどんどん大きくなってきています。

ですから、どうしようもないほど会社に行くのが辛いなら退職代行で辞めましょう。

後味を良くするために少し頑張れる人は、

  1. 退職代行に無料相談しておく
  2. ダメもとで上司に退職の相談をしてみる
  3. 失敗したら退職代行を実行してもらう

退職時に、未払い給与や有給の消化を請求したいのであれば弁護士法人みやびという退職代行をオススメします。

そして、別に請求しなくてもいいって人は、退職代行ガーディアンを利用してみてください。

どちらも料金を支払う前に話を聞いてくれるので、まずは無料相談から始めてみましょう。

退職代行の詳しい選び方や、上記以外の退職代行が気になる方は↓の記事を参考にどうぞ。

【厳選6社】おすすめの退職代行と選ぶポイントを解説【2022最新】

【厳選6社】おすすめの退職代行と選ぶポイントを解説【2022最新】数ある退職代行の中から厳選しておすすめの6社を紹介しています。あなたのニーズに合わせてピッタリな退職代行が必ず見つかります。...
TON
TON
あなたが今の辛い環境から、少しでも早く抜け出せることを祈っております。
ABOUT ME
TON
こんにちは、TONです。 数年前まで家畜をしていました。 今は、ブログを書いて毎月のエサ代くらいは稼げています。 過去の経験を通してすこしでもみなさんの力になりたくてブログをしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA